注文住宅だと自分の好きな間取りにできちゃう

どんな間取りがいいか調べてみよう

新築のマンションや建売の一戸建て住宅の資料を取り寄せたり、モデルルームを見学に行って、あと一歩なのに残念と思うことってありませんか。
希望のエリア、周辺環境も気に入った、設備も充実している、価格も悪くない、だけど間取りが気に入らないという事がけっこうあります。

「3LDK欲しいけれど、4畳の部屋って狭すぎるでしょ」とか、「玄関を入って直ぐ寝室なのが気に食わない」とか、「家族が多いからトイレは2つ欲しいけど無理だよね」とか、「キッチンと洗濯場、ベランダは一直線で繋がっていたら家事導線が快適なんだけど」なんて考えてしまいます。
奥様の家事導線の要望はもちろん、家族のワガママを叶える理想の間取りを作るなら、やはり注文住宅が一番です。

そこで、人気の建て方の知識もチェックしておきましょう。
建て方で最近トレンドなのが可動壁を使った間取りです。
部屋を仕切る壁が可動式になっており、TPOやライフスタイルの変化に応じて間取りを変えられるのです。
その時は良くても時間の経過と共に使いづらくなることがありますので、変化できる間取りはとても便利です。
たとえば、子供が小さい内は夫婦の寝室と子供部屋を一体化しておき、大きくなったら可動壁で仕切って部屋を2つに分けられます。

また、小さいうちは兄弟で1つの広い部屋を使って、2人で思い切り遊び、自分の部屋が欲しくなる年頃になったら可動壁で仕切って、2つの子供部屋に早変わりです。
リビングもホームパーティーもできる広々の造りにして、いざお客さんが泊まるとなったら一部を仕切ってゲストルームに変えたり、工夫次第で色々な使い方ができます。
また、最近の間取りは発想も自由自在です。

以前はお風呂場やキッチンは1階というのが定番でしたが、最近はお風呂場、キッチン、リビングルームは2階という建て方も流行っています。
都心部の狭い土地を有効活用するため3階建てにする建て方も多いのですが、1階に玄関、ゲストルーム、応接間や趣味の部屋をもうけ、2階はお風呂場やリビングキッチンなどの家族団らんスペース、3階に寝室や子供部屋を設けます。
来客中でも、関係ない家族はお風呂に入ったりでき、生活空間が乱されないので便利なのです。

こうした生活を快適にする知識を頭に入れておくと、設計を依頼するときに役立ちます。
注文住宅の建て方や間取りの知識を得るには、住宅雑誌やインターネットのほか、ハウスメーカーの実例集を無料でもらうのがオススメです。
実例集は実際に注文住宅を建てた方の間取りから、住んでみての感想が写真付きで掲載され、狭い土地でもこんな家が建つんだとか、この年代でこの家族構成だとこんな家が建つんだと勉強になります。