理想の注文住宅に近い提案をしてくれる業者を選ぼう!

地元の工務店だと、完成後のアフターフォローも受けやすそうですね。

注文住宅を依頼する場合、依頼先として考えられるのは大手ハウスメーカー、地元の工務店、個人や法人形態の設計事務所です。
それぞれ建て方や工程、費用などに特徴があるので、その知識を知って依頼先をどうするのか検討しましょう。

大手ハウスメーカーは知名度も高く、どんな住宅を手掛けているのか建て方がイメージしやすいです。
設計はハウスメーカーに所属する一級建築士が行いますが、施工は下請けの場合が多く、中間マージンが入るので費用が高くつく場合があります。
大手ハウスメーカーの営業所は必ずしも建設地から近いとは限らないので、素早いアフターフォローが望めないケースもあります。
設計事務所の場合、斬新かつ個性的なデザインが期待できますが、基本的に設計と施工が別なので設計事務所と依頼する施工業者の両方を探す必要があります。
結果的にトータルコストが高くつく場合があります。

地元の工務店の場合、設計から施工まで全て手掛けてくれ、直ぐに駆けつけてくれる距離にあるので、完成後に不具合が生じた場合のアフターフォローが受けやすいです。
自社施工を基本にしている工務店なら、中間マージンが入らず、費用も安く抑えられます。
全ての工程を自社で管理するため、その注文住宅のホームドクターとして長いお付き合いができます。
それぞれ良し悪しがありますし、ご家族で話し合った理想の家について相談し、もっとも親身になってくれ、もっとも理想に近い提案をしてくれる業者を選ぶのがいいでしょう。

地元の工務店についての知識は、ご近所や知人からの口コミや紹介を通じて情報を得るといいですね。
実際に注文住宅を依頼して良かったという方や、最近、知人が頼んだ注文住宅の建て方が素晴らしかったという情報をキャッチしましょう。
実際にその注文住宅を訪問させてもらい、建て方やどんな間取りや設備をつけたのか知識を得るのがオススメです。
そのうえで、工務店に相談し、自分たちの話をしっかり聞いてくれるかチェックしましょう。

理想の注文住宅を建ててくれる工務店は、一方的に提案するのではなく、ご家族の暮らしぶりや希望を踏まえて提案をしてくれます。
小さな工務店だとパンフレットなどが十分でない場合もあるので、イメージを高めるため、こちらからこんな感じの家がいいという雑誌の切り抜きや、大手ハウスメーカーのパンフレットなどを持っていくのもオススメです。
それを元にさらに工夫をこらしてくれますよ。