注文住宅を建てる際、その土地の制限を把握しているのは大事

何も考えず土地を買ったら…

家の外観、部屋の数や広さ、間取り、壁の色や感触、床の色や材質、扉の形や窓の形、キッチンの形や設備、お風呂の広さなど、理想の家のデザインや建て方を挙げていくとキリがないですね。
理想の家の形は人により千差万別です。
夫、妻、子供それぞれ理想や希望があるはずです。
そんな家族の想いを1つにまとめて、家族の理想に近い形に仕上げるには、やはり注文住宅が一番です。

マンションは既に間取りや部屋数、部屋の色調や設備も決められています。
建売の一戸建ても既に出来上がった建て方ですよね。
少し費用や時間はかかりますが、こんな家に暮らしたいを実現するには、やはり注文住宅でしょう。

注文住宅を依頼する際の知識として、どの段階で依頼するかによって違いが生じます。
具体的には土地先行取得型か、これから土地も探すのかです。
多くのケースでは土地ありきで注文住宅を依頼しますが、もし、設計や建設だけでなく、土地探しなどの不動産全般をサポートしてくれる業者が見つかれば、土地探しからお願いすると、さらに理想に近い家を建てることが可能になるのでオススメです。
海が見える家が欲しい、自然に触れ合える家が欲しいと言いながら、安かったから商店街のど真ん中に土地を買ったなんていうのは本末転倒ですよね。

また、土地にはそれぞれ周辺エリアの都市計画や隣地との関係で、建築上の制約があります。
土地ありきの場合は、いかに理想の家を依頼しても高さの制限を受けたり、家の面積や容積、窓の位置などに制約を受ける可能性があります。
これは注文住宅を建てる上で覚えておきたい重要な知識です。
もちろん、与えられた条件の中でいかに理想に近い家を建てるか、建て方を工夫するのが建築士や工務店の仕事なわけですが、土地も含めて理想の家を建てる条件に近ければ、さらに良いわけです。
土地の形状1つで建て方が違ってくるというのは、知識としてしっかり頭に入れておきましょう。

親の代から受け継いだ土地に建て替えをするケースや、注文住宅を建てるには土地を持ってないと話にならないと思い込んで既に購入された方は別として、土地の取得も住宅の設計もこれからという方は、まずは、建築事務所や工務店、ハウスメーカーなどへの相談から始めましょう。
土地売買の仲介を行っていない業者であったとしても、土地取得にあたりアドバイスやサポートをくれるはずです。
最初に理想の家について話し合い、ある程度のイメージを作ってから土地を探せば、良さ気な土地が見つかった場合に現地まで出向いて良し悪しを判断してくれますよ。